2015年11月25日

ピアノを手放すことになりました。

ピアノを売りました。
私がピアノを売りたいと思ったきっかけは、引越しです。早くから準備を始めないといけません。なので早速取りかかりました。私の家には誰も弾かなくなったピアノがありました。長い間、誰も弾いてません。ピアノの上は物置になっていました。子供のころ、習い事用として両親が買ってくれたものです。最初は楽しく弾いてたんですが、だんだんと弾かなくなりました。
メーカーはヤマハです。もう20年ぐらい前のピアノです。
買ってもらったときはすごくうれしかったものです。結婚して、引越しすることになったんですが。ピアノを持っていってくれません。せっかく両親が買ってくれたんですけど、弾かないピアノなので、泣く泣く処分することにしました。
インターネットで検索して一括査定してもらえるサイトで見積もりも出してもらいました。
ちょっとくらいは引越し代の足しになってくれるといいなって思ってましたが、これが思ったより高かったですよ。
posted by Iv at 16:08| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

正月休み

あっという間に正月休みが終わってしまいましたが、案の定、仕事の方はなかなかエンジンがかからず。
こんなんじゃいけないと思いながら、毎回同じことを繰り返している自分です。
やっぱり、なにをやるにしても、波に乗るにはちょっと時間がかかりますね。
気持ちの切り替えがもっとスムーズにできるとうれしいんですが。。。
posted by Iv at 17:22| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

アルバイト

カラオケでアルバイトしたいなと思って、いろいろ調べてみた。

だけど、学校とかあって、あまり長い間できないので、福岡短期アルバイトを探してみたのだが、短期ってあまりないみたい。

カラオケのアルバイトだったら、どうしても長期になってしまいそうなんだよね〜。

ちょっと残念。
posted by Iv at 10:19| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

アンダーヘア

アンダーヘアを脱毛したい。もうそんな時期なので。
アンダーヘア脱毛サロンに行って、脱毛しようかな。
posted by Iv at 12:09| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

トニー・アイオミ

ブラック・サバスのトニー・アイオミが、がん闘病中であることを公表した。

悪性リンパ腫の初期段階であると診断されたようだ。

ブラック・サバスは1969年の結成以来、絶大な人気を誇り、昨年11月には、オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、ビル・ワードというオリジナルメンバーで、再結成することが発表されていたというのに。


無理をせず、ファンのためにも長生きしてもらいたい。がんばってほしい。


posted by マシンガン at 08:19| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

メッシ

メッシが生涯バルセロナ宣言をしたそうだ。
「僕はバルサで作られた人間」。
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、バルセロナ一筋でキャリアを終えたいという希望を明かしたようだ。
スペイン紙『マルカ』が報じている。
そうだ、メッシはやっぱりバルセロナだ。
誰がなんと言おうとバルセロナ。
他のチームでプレイしている姿は想像できない。
会社員でいえば、終身雇用ということになるのだろうか。
メッシは子どものころから、バルセロナなので、やっぱりこのままずっとバルセロナでプレイしてもらいたい。
posted by Iv at 07:54| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

既成のスーツ

近、体型がだんだん崩れてきたので、既成のスーツが入らなくなってきた。ここはひとつ、オーダースーツにするか、と思ってみたが、思っていたよりも、かなりリーズナブルに作れることがわかった。これなら、既成のスーツより、絶対オーダースーツの方がお得だな。
posted by Iv at 13:44| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

日焼け

日焼けするとニキビが目立たなくなるが、反面、肌へのダメージがハンパない。これからの季節は、日焼け止めは必須だな。ロッカーには日焼けは似合わないからね。
posted by Iv at 16:46| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

英語パーティー

昨日は、カラオケの先生宅で、英語のパーティーに参加してきました。こんなのも、なかなか新鮮でよかった。
posted by マシンガン at 21:00| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

ゲイリー・ムーア

ゲイリー・ムーア先生が亡くなられた。

へヴィメタルでの活動期間はわずかだったが、それでもわれわれはヘヴィメタルギタリストのゲイリー先生が大好きだった。

とても残念だ。
posted by マシンガン at 20:27| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

スパイラルアーキテクト

どこのカラオケ会社でもいいから、スパイラルアーキテクトの曲を入れてくれ!
速攻、歌いに行くので。
posted by Iv at 15:01| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

アーテンション

アーテンションの曲を歌いたくなった。

でも、いまだにカラオケでアーテンションの曲を見つけたことがない。

どこか入れてくれないかなあ。
posted by マシンガン at 09:56| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ロック・イン・アメリカ [ナイト・レンジャー]

ナイトレンジャーの代表曲、ロックインアメリカ( You Can Still Rock In America)は1980年代のギターキッズであれば、おそらくほとんどの人が度肝を抜かれたツインギターの名曲です。

ブラッド・ギルスのアームを多様したトリッキーなギターと、ジェフ・ワトソンの超早弾き、そのうえボーカルもツインボーカルときてます!

ボーカルラインは少し早めの英語ですが、それほど高い声域ではないので、わりと楽に歌えると思います。

このアメリカンロックらしい、明るいノリノリの雰囲気は、カラオケで歌うに持ってこいの楽曲だと思います。


オリジナルメンバー

* ジャック・ブレイズ(Vo、b)
* ブラッド・ギルス(g)
* ケリー・ケイギー(Vo、Ds)
* ジェフ・ワトソン(g)
* アラン・フィッツ・ジェラルド(Key)

収録アルバム
ミッドナイト・マッドネス(Midnight Madness)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

当時アメリカンハードロックを代表するバンドだったナイトレンジャー。

それらのバンドのギタリストのなかでもナイトレンジャーの二人は群を抜いたテクニックの持ち主たちでした。

ブラッドギルスはオジーオズボーンとのツアーで、ナイトレンジャーのデビュー以前からその腕前は有名でした。

もう一人のギタリストのジェフワトソンは、その代名詞とも言えるエイトフィンガー奏法でファンをノックアウトしました。これは親指以外の八本の指を使って弾くもので、私が 初めて(You Can Still) Rock in AmericaのプロモをTVで見たときは何だこりゃー!とブッ飛びました。

もちろんナイトレンジャーはギターテクだけで聴かせるバンドではありません。最大の魅力は曲の良さだと思います。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 13:55| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

キャリー・オン [アングラ]

アングラ (ANGRA) は、ブラジルサンパウロ出身のヘヴィメタルバンドです。ブラジルのヘヴィメタルシーンを代表するバンドだといっても過言ではないでしょうね。伝統的なヘヴィメタルを継承するだけでなく、ブラジルの音楽を取り入れた音楽スタイルは、とても画期的です。陰か陽かと聞かれれば、アングラは間違いなく陽の部門に入ります。明るいヘヴィメタルの代表格なのではないでしょうか?

収録アルバム
エンジェルズ・クライ(Angels Cry)

現メンバー
・エドゥ・ファラスキ Eduardo Falaschi リードボーカル
・ラファエル・ビッテンコート Rafael Bittencourt リードギター、ボーカル
・キコ・ルーレイロ Kiko Loureiro - リードギター
・フェリペ・アンドレオーリ Felipe Andreoli - ベース、ボーカル
・アキレス・プリースター Aquiles Priester - ドラム

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 90年代初頭から現在に至るまで、ドイツ出身のへヴィ・メタル・バンド、HELLOWEENの“様式美”と称されるスタイルに影響を受けたバンドが次々と登場しては消えていった。

 そんな中で生き残り、質の高い作品を発表し続け、激しいメンバー・チェンジを行いながらも、今なお現役で活躍中なのが、このブラジル出身のバンド、ANGRAで、本作が’93年発表のデビュー作である。

 どの曲もメロディック・スピード・メタルの魅力が満載されている。曲中にクラシックの曲のフレーズをさり気なく挿入されていたり、KATE BUSHという意外なカヴァーがあったりするが、何と言っても特徴的なのは、故国ブラジルの音楽の要素を大胆に導入している点にある。

その個性こそが他の定型的なバンドと大きな差となって表れている。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 17:23| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

ジャンプ [ヴァンヘイレン]

ヴァンヘイレン(Van Halen)のJumpは、シンセサウンドを取り入れた、ヴァンヘイレンにとってはひとつの節目と言える曲ですね。

イントロのシンセサイザーが最高です。

デイブ・リー・ロスのボーカルは、なかなかの個性派なので、コピーはかなり難しいのではないでしょうか?

収録アルバム
1984

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

80年代のハードロックでこれは外せないでしょうね〜。
いまだに、テレビのバラエティ番組で”JUMP"がつかわれてますもんね。
歴史的なアルバムですね。

天才的ギタリスト、Van Halen と人間ばなれしたボーカルDavid Lee Loss。
まず、ありえない貴重な出会いの結果、このアルバムがうまれたとおもいます。

なんとも、ワルな感じが全般にただよっています。パンクのワルの感じじゃなくてアメリカンな筋肉質なワルです。ある意味、健康的かも。

かっこいいっすよー。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あのユー・リアリー・ガット・ミーのヴァンヘイレンがシンセをフィーチャー?

違和感を抱きながら、初めてJumpを聴いた瞬間、その格好良さに鳥肌が立った。今でこそ、この曲やイントロ部分はテレビなどで使われる定番だが、それまでの彼らの路線としては結構サプライズだった。

アメリカ的なPanama、ドラム凄すぎHot For Teacher。今につながる洗練された音作りを取り入れた金字塔的作品。

しかも、この後にヴォーカルのデイブ・リー・ロスはソロ活動をしたり脱退したりで、ヴァンヘイレンはもう少し渋めの路線に行ってしまうので、本作は後戻りできない、

ある種の頂点を極めたとも言える。お勧め。音が全然古くない。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 18:04| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

甲賀忍法帖 [陰陽座]

現在の日本のメタルシーンを代表するバンド、陰陽座(おんみょうざ)です。最近は海外、特にヨーロッパでの人気がうなぎのぼりで高まっているようです。

収録アルバム
臥龍點睛(がりょうてんせい)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

彼らがヘヴィメタルファン以外からも、広く知られるようになったきっかけのこのシングル。
 昔からのファンの私にとっても、このシングルは完成度の高い傑作だ。
 
 まず、「甲賀忍法帖」だが、これは瞬火さんの作詞能力の極みにある作品といっても過言ではない。しっかりと故・山田風太郎氏の原作の内容を崩すことなく、韻を踏んでいる。
 この詞の完成度を見れば、彼が初めて原作のある忍法帖を作ったのも、頷ける。
 また、この作品によってヘヴィメタルファンからの風当たりも、さらに強くなったが、決して作品の質が落ちたわけでもないし、薄っぺらくなったわけでもない。もう一度、陰陽座の作品を正当に評価していただきたい。
 
 次に「卍」だが、「甲賀忍法帖」のカップリングとしてもふさわしく、また、これがシングルになってもおかしくない内容となっている。
 「二秒で終わりだ」のセリフにばかり注目されがちだが、とてもかっこいいギターソロの後の第二のサビは凄い。
 地味に「慚、慙、惨」で招鬼さんもシャウトしている。

 二曲だけで少ないと思う人もいるかもしれないが、十分、価値のあるシングルだと思う。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私はこの『甲賀忍法帖』で陰陽座の存在を知ったのですが,正直ヘビメタルというものには全く無縁だったので買おうかどうか迷ったのですが買っちゃいました。

アニメ『バジリスク〜甲賀忍法帖』ととてもマッチしていて何度でも聞きたくなるような曲です。

これを機に陰陽座のCDを買いあさっているのですがどれも良く,もぉ陰陽座中毒にかかっていると言っても過言ではありません笑”
まだ陰陽座を知らないという方はぜひこの甲賀忍法帖から入ってみてはいかがですか??きっと心に突き刺さる何かがあると思いますよ

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 19:24| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ヒロシマ・モナムール [ アルカトラス ]

グラハム・ボネット率いるアルカトラスは、天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンが在籍したことでも有名ですね。

イングヴェイ・マルムスティーンの高速ギターと、グラハム・ボネットのハイトーンボーカルのコンビネーションは絶妙です。

この曲を歌うと、かなりのカロリーを消費します。ダイエットにもってこいです。


収録アルバム
アルカトラス

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご存知、元レインボーのボーカリスト、グラハム・ボネットが1983年に結成した「Alcatrazz」のファーストです。

帝王リッチー・ブラックモアが徐々に失速し、またランディ・ローズという逸材を失ったHR界において「新しいギターヒーロー」を作り出すことは至上命題と言われた状況で、まさに彗星のごとく現れた北欧が生んだ弱冠19歳の天才、イングヴェイ・マルムスティーンが登場したときの衝撃は、いまなお新鮮な驚きとして記憶しています。

理屈はさておいても当時は(あくまでも当時)人類の限界を超えたと言われた超速弾き、そしてリッチー・ブラックモアから受け継がれたクラシカルなフレーズの数々を目の当たりにして「これで向こう20年は彼の時代だ」と安心したことが昨日のことのように思い出されます。

「Hiroshima Mon Amour」でのあまりにも美しくも狂気を秘めたソロは、いま聴き直しても鳥肌が立つほどです。それだけ真摯に生真面目にギターに向き合っていたイングヴェイの姿を聴いてみて、改めて感じるのは一人立ちしてからの失速ぶり。

そんな彼もすでに40代半ば。月日の経つのは早いなと妙な感慨に耽ってしまいます。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 19:30| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

クライング・イン・ザ・レイン [ホワイトスネイク]

「クライング・イン・ザ・レイン」は、ホワイトスネイクの代表作「サーペンス・アルバス」の中でも、デヴィッド・カヴァデールのボーカルが炸裂しまくっている曲だと思います。この曲をカラオケで歌うのは、かなりの覚悟を必要としますよ。

収録アルバム
サーペンス・アルバス ~白蛇の紋章~

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オープニングの「ジャジャジャン!」で勝負は決まったもので、この作品が並みの作品でないことが解ります。

私自身もこの作品以降のホワスネは好きではありませんし、ジョン・ロードやイアン・ペイスらがいたころのホワスネが好きですが、この作品の評価は以前が良かっただ、ZEPっぽいとか言う評価がナンセンスである事を作品自体の充実度で克服しています。

「スライド・イット・イン」リリース以降、一度、「死に体」になったホワスネ&デビカヴァが起死回生に放った超名作であります。

「クライング・イン・ザ・レイン」はオープニングも秀逸ですが、ジョン・サイクスこん身のGソロが聴き所!豪雨のようなソロが聞けます。

「バッド・ボーイズ」と「チルドレン・オブ・ザ・ナイト」もカッコいいHR(ライブでは「バッド・ボーイズ」の Gソロの後に「チルドレン・オブ・ザ・ナイト」のサビが入っていましたね)。

「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」は全米ナンバー1に輝きましたが、原曲よりも洗練された感じで良いです(もう1つのヴァージョンはあまりに 軽い感じがしますが)。Gソロはエイドリアン・ヴァンデンヴァーグが弾いています。

「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴ」はノリの良いライブ映えする1曲。

「イズ・ディス・ラヴ」はベテランだからこそ歌えるバラードの名曲。

「ストレイト・フォー・ザ・ハート」はストレートなHRナンバーで、このアルバムの中では一番印象が薄いかもしれませんが、結構サイクスのソロがカッコいい。

「ドント・ターン・アウェイ」はアルバムの最後を飾るに相応しい壮大なナンバー。しかし、3の「スティル・オブ・ザ・ナイト」が80年代を代表する1曲であることは疑いようのない事実。ゲイリー・ ムーアが「レッド・クローン」なる曲を書いていますが、そんな陳腐な批判はこの曲を聴けば吹き飛びます!

確かにこの作品の功労者はジョン・サイクスかもしれませんが(ブルー・マーダーの1stを聞けば一目瞭然。因みにこちらも超名作!)

、デビカヴァとホワスネの当時置かれた状況が、執念となり生み出された作品であることは事実なわけで、80年代のHM/HRに興味をもたれた方は是非ともチェックして頂きたい作品です。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 14:49| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

ミス・ア・シング [エアロスミス]

洋楽バラードの、定番となってしまった曲、ミス・ア・シングです。

ブルース・ウィリス主演の映画、「アルマゲドン」のテーマソングとしてあまりにも有名ですね。ミス・ア・シングを聴くと、アルマゲドンのラストの場面が思い浮かぶ、という方も多いのではないでしょうか?

この曲は、どこのカラオケメーカーでも歌えるようなので、ぜひチャレンジを!

収録アルバム
アルマゲドン(サウンドトラック)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「アルマゲドン」のサントラ集と言うことで映画を観た方ならご存知でしょうが、本当に良い曲ばかり収録されております。
他の方も仰ってますが、主題歌の「ミス・ア・シング」の良い事と言ったら言葉じゃ言い尽くせませんよ!

そして幸せなEDを華やかに飾るこの曲は当然のことですが、個人的には主演のブルース・ウィリスが映画の中で初登場したときにかかってた「ラ・グランジ」がえらく格好良い曲でお気に入りだったりします。

どの曲も何度聞いても飽きないし、これだけ良い曲ばっかり入っててこの値段なら絶対にお買い得だと思いますよ。オススメです!

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

映画「アルマゲドン」のサウンド・トラックCDです。
感動する映画なので、それっぽい感じの音楽が多いですね。
中でも主題歌の『ミス・ア・シング』は本当に良い歌!
エンディングの感動を絶やさない、ベストな歌だと思います。

他の曲も、場面のイメージを壊さない良い曲ばかり。
価格もかなり安くなってカヴァー(?)されているので、
「アルマゲドン」という映画を知らない方でも楽しめる1枚。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 15:35| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

アイ・サレンダー [レインボー]

おじさんギタリストたちのアイドル(?)、リッチーブラックモア率いるレインボーの代表作です。初期の頃とは、サウンドも結構変わっているのですが、この頃からファンになった人も多いと思います。

収録アルバム
DIFFICULT TO CURE(アイ・サレンダー)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本作が出たとき、少なくとも私の知る限り騒ぎになったとか、ファンが離れていったなんてことは聞いたことはない。

前作からアメリカ市場を意識した音作りに 既になっていたし、これを聴いてレインボウやHR/HMの虜になってしまったなんて人はたーくさんいたからねぇ。少なくとも、これ以降ファン層やファンの 数が広く大きくなったのは紛れもない事実なのです。実によくできたアルバムです。安心して購入して頂きたい。

ただし、この時代になるとHRなる単語は廃れていき、HM一色になってしまったことだけは頭の片隅にでも入れておいてもらいたい。

さて、このアルバムとにかくいい曲が多い。一度聴いたら忘れられない ようなキャッチーなメロディーでいっぱいだ!私はライジングこそ最高傑作だと信じて疑わないが、好きなアルバムだと実はこのDIFFICULT TO CUREだったりする。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

基本的には北米での商業的成功を目指すためのアルバム。この時期,この手の曲調のバンドが売れていたという時代背景がある。それに乗りたかったんだろう。でも何でこうも方向性が変わってしまったんだろうと思う。

Down to Earthから売れ線を意識したアルバムを次から次へと作っていったけど,さすがRitchie,それでいてHR/HMキッズはしっかり引きつけて来た。アルバム毎に新たなファンを掴んでいったのだろうと思う。

さて,曲の方だが,I Surrender, Spotlight Kid,Magic,Can't Happen Here等は後期Rainbowの最高の曲だろうと思う。初期の曲調とは大分異なるが,これもRainbowなのだろう。こういうRainbowがいいと いうファンも多いと思う。結局Ritchieは音楽の天才だからね。

Amazon.co.jpより
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 12:02| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Yahoo!ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。