2007年04月07日

プル・ミー・アンダー[ドリーム・シアター]

ドリーム・シアターの曲がカラオケで歌えるって、すごいうれしいです。
特にこのプル・ミー・アンダーは、ほとんどのカラオケメーカで歌えます。
音程も、それほど高くないので、なかなか歌いやすいです。

収録アルバム
イメージズ・アンド・ワーズ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Amazon.co.jpより
1980年のイエスの『Drama』以来、プログレッシヴロックがこれほどまでに臆面もなく腕前をひけらかそうとしたことはなかった。つまり、ドリーム・シアターが1992年にリリースした本作は、歌を聴かせるというよりは、卓越した楽器の妙技を聴かせるアルバムなのだ。

ドリーム・シアターは、多くのリスナーにとってはにわか仕立ての騒音でしかないが、絶頂期のラッシュやイエスを聴いて育った筋金入りのプログレッシヴロック・ファンにとっては、1990年代のローファイがはびこる不毛な音楽シーンにあって、時代を逆戻りした輝ける星だった。そして本作は、そのさりげなく見せつける華麗な指さばきに、アマチュアミュージシャンなら感嘆と絶望が入り混じった思いで(そしてミュージシャンでない者なら、どうしてこんなに果てしなく続く騒々しい音楽をわざわざ作るのだろうかとあっけにとられながら)聴くアルバムだ。

ジョン・ペトルーシのギターワーク(毎秒1つ刻まれる音にはスティーヴ・ヴァイも顔負けだ)だけでは物足りないと感じるなら、マイク・ポートノイのドラム(明らかに肉体的にも心情的にも「マペット・ショー」の“アニマル”をモデルにしている)にひたすら耳を傾ければいい。ポートノイは、気がふれてしまったニール・ピアートのようにドラムキットを全力で打ち鳴らしながらも、15/8拍子のリズムを完璧に保っている。

だが本当の意味で本作の原動力となっているのは、バンド全体の見事なまでの一体感だ。ひとつのバンドとして機能した結果、個々のソロをただ単に足し合わせたサウンドをはるかに上回る音楽が生まれているのだ。プロダクションにおいてもバンド内の民主的なバランスが重要視され、メンバー全員を目立たせている。それにジェネシスのような英国の軟弱なバンドとはちがって、ドリーム・シアターはヘヴィーメタルのカテゴリーに分類することもできる。というのも、リスナーのお好みかもしれないどんなプログレッシヴロック・ミュージシャンよりもうまく演奏できるだけでなく、その気になればいつでもメタリカを超えるスラッシュを弾くことができるからだ。

音楽による地獄の断片、あるいは天上の結婚である本作は、何ひとつ新境地を開いているわけではないが、プログレッシヴロック史上に残る金字塔である。(Mark Walker, Amazon.co.uk)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
基本的にはハード・ロック・バンドだが,プログレッシヴな味つけを施し,独自のオリジナルを創立させた彼ら。今回の新作もハード・プログレの華麗なサウンド空間でバンドの型をアピールしている。目新しさはないが,期待通りの音なので安心して手が出せる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by Iv at 17:50| カラオケ:ヘヴィメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Yahoo!ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。